<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェ・ゲバラ
週末久々に映画観賞。

「チェ 28歳の革命」

正直、チェという革命家がいたことすら知らなかった私。

けど当時では有名な

いや、今尚有名な革命家だということなので

見てみることにしました。




チェ・ゲバラ




28歳・・・そんな歳には思えない行動力。




革命を起こすことがいいとか悪いとかではなく

彼は「政府か死か」という言葉を常に言ってて

自分の国を捨てキューバを救うために活動を行った。

戦いにはやはり犠牲者が出る。

だからやはり戦い自体には大賛成とは言えないけど

でも政府から解放されて喜ぶ国民の笑顔

精神的な圧力から自由になり心安らぐ毎日

それらを手にする為に彼は自分の人生をも犠牲にし

家族を故郷に残し

戦った。。。

闘った。。。




ちょうど先週オバマさんが大統領に就任した直後のインタビューで

若者が「言葉にならない」と喜びと感動の涙を流した。




今の日本では政治に興味を持つ若者は少なく

そして私自身もその内の一人であると思う。

なぜ政治に興味がないのか。

なぜ政治に参加しないのか。




豊だからだと思う。

今の生活で困っていないから。

個人レベルでは確かに一喜一憂の毎日だったり

早くここから脱却せねばという思いもある。

でも国が変われば。。。

なんて窮地に追い込まれていない生活だから

正直麻生さんが眉をしかめていろいろ語っている姿に

「ふ~ん」と上の空だったり。




そんな自分が情けないなと思う反面。

どうすれば変わるのかという思い。

けど昨日のチャリティー コンサートに行って思ったこと。

私もこういうのに参加したいなって。

個人で始めるにはできない、大がかりなことでも

誰か先導者がいて

そこに私も身一つで参加することはできる。

私も自分が誰かの役に立てればと思うし

そういう活動をしていきたいと前々から思っていた。




きっと革命はそんなに遠いものではないのかもしれない。

そう、本当はすごく身近なところから生まれるもの。。。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

gebara
智衣ちゃん、こんばんわ!(おはようございますですね)。

ゲバラの名前は、混迷の時代…暗い世相の時には、よく目にする気がします。ただ、僕にはとなりの芝生は青く見えるの例えのような気がします。

今に満足してしまうとエネルギーが減速していく…
今に危機感を持てれば、エネルギーが満ちていく…
そんな気がしますね。

私達の暮らし、というより、私達に次ぎの世代の暮らしの為に、外国の政治や歴史から「学ぶ」「参考にする」ことはたくさんあるし、第三者的に客観的に考えることが出来るのだと思います。
それを、現実の日本の政治や社会生活に反映させなくちゃいけませんね。頑張りましょう!

満足、慢心などは、腐敗していく元かもしれません。
それは一人ひとりの心の中から始まるように思えます。
ならば、自分から危機感や問題意識を持って、進んで行動を始めなくちゃいけないようの思います。

真面目にすることを、馬鹿にする風潮や正しいことや義務を守ることを格好悪いと言ってしまうようなことがあって、なるべく効率的に、つまり毎日こつこつ努力する勤勉を否定的にみる向きがあるように危惧しています。

経済的な豊かさを当たり前のように捉えて、過去の歴史を顧みないなんてことをせず、選挙権も大切に使うようにしたいものですね。

今の閉塞感みたいなものは、何も政治や社会のせいではないように思います。会社や学校や、社会など自分以外のところに原因を見つけようとするのではなくて、すべての原因を他者に求めず、自分の心の中を検索し、自分の行動の中に求めるように暮らしたいと思います。

自分のエゴを他人に押しつけることなく、マスコミの報道に一喜一憂しなくてもよいように、ちゃんと歴史を勉強し、政治ごとを自分の考え方を持って判断出来る人間になりたいものです。

僕は自分の家族を守ったり、幸せに出来ない人間が社会や政治を正しくすることなど、おこがましいことであると思っています。

ちゃんと選挙にも行きましょう!
ゴミの分別回収もしましょう!
無用な買い物をやめて「清貧」に暮らしたいものです。
頑張りましょう!!
先日のチャリティーコンサートへの参加が智衣さんにとっての革命的出来事だったのですね。私自身も、身の回りで次々に起こる不幸に呆然としていたところに、福祉と支援のネットワークに参加する機会を得ました。それが私自身の革命です。忙しくて、ボランティアなんて何もできないと思っていましたが、幸運にも、私の感性にぴったりの組織を見つけました。まずは自分達が楽しんでやる。そうすれば人も集まるし、支援される方も、それを受け入れやすい。幼稚園児から90過ぎの地元の友達がたくさん出来ました。仕事を終えての夜中の会合も楽しい。今まではそんなことは考えもしませんでした。でも、やっぱり始めてみれば難しいことにも直面します。つい先日も、介護タクシー1日8千円のお金がなくて困っている人がいて、あちこち手を尽くして某公共機関の介護自動車を安くお借りしたことで、警察沙汰。よかれと思うことでも法に触れることも多いです。例をあげればビックリするくらい多いです。でも、見かねて一線を越えてしまうこともあります。マザーテレサの「愛しなさい。あなたの心が痛むほどに」という言葉を重く感じます。支援とは、人の痛みを知ること。人の歓びを自分の歓びとして感じるのは、それからなのでしょう。マザーテレサの元に研修に行って、帰国後「私は、何もすることが出来ませんでした」と項垂れて泣いた日本人看護師がいましたが、それは本当にマザーの偉大さを著していたと思います。できません。そこまで偉大なことは。でも、地元の人と仲良くなって、人付き合いが苦痛ではなくなって、些細な用事を頼まれ、気軽にOKできるくらいになれれば、とりあえず第一段は、自分的にOKだと思っています。もし、都合が悪ければ、他の誰かに頼みます。自分が頼みごとをすることも、この先あると思います。とにかく、ちいさなことでも革命って、考え続けている限り起こせないですよね。痛み悲しみ…失敗も思い違いもあるけれど、失うものもあるけれど、智衣さんは、素敵に変われると思います。応援させていただきます。
プロフィール

chii

Author:chii
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。